ホーム > イベント情報 > 児童クラブで租税教育

児童クラブで租税教育

24日に、ふれあい児童クラブとわくわく児童クラブで
【租税教育】の講座がありました。
この租税教育は、高田法人会の女性部会び方が
行ってくださっています。

租税教育と聞くと難しい?と思うかもしれませんが
DVDや紙芝居をみながら楽しく学べる内容でした。

はじめに
税金があった方がいいか?ない方がいいか?
と質問がありました。
子どもたちのほとんどは「ないほうがいい」と答えました。
後で、子どもに聞いたら「消費税がなかったら、もう少し買えるもん」
と言ってました。

DVDでは、
主人公の子どもたちが「税金なんかない方がいい」と
思って魔法の鳥?がその願い事を叶えたという内容。

税金がなくなって喜んだ主人公だが
税金がなくなると学校のすべてにお金がかかり
火事を出した母親が、一生をかけて消火にかかる費用を払わなければいけない。
道路を通るのにすべて、通行料がいり・・・・
警察もすべて費用がかかる。
という、子どもたちの目が
「これは、たいへん・・・・」と変わってきていました。

紙芝居はゲゲゲの鬼太郎の話。
水道の蛇口を開けば、無限大で水が出てくるけれど
本当は??というこれもまた
考えさせられる話でした。

大人がうけてもとても為になります。
最後はアンケートを記入しました。


「児童クラブで租税教育」にコメントをどうぞ

メールアドレスは公開されません。