ホーム > ゆめっこ日記 > 「こども」「発達障がい」きになることを考える

「こども」「発達障がい」きになることを考える

11月29日に タイトルの講座がありました。
くびき野サポートセンター10周年事業の分科会で話し合われました。

この講座に
ゆめきゃんぱすの事務局長がパネリストとして参加してきました。
にしき養護学校内での児童クラブ立ち上げの話や
児童クラブで一緒に過ごす発達障がいの子どもの話など
様々な話をしました。

まだまだ 障がいがある子どもは、社会でとても暮らすにくいです。
周りがもっと理解する。そのためには、もっと知って欲しいと願います。

今月から ゆめきゃんぱすでは「妙高市のこれからの療育支援について」の意見交換会を
行っています。
相談支援専門員の先生を囲み少人数で開きます。
まず、1回目はにしき養護学校放課後児童クラブの保護者と一緒に行いました。

人数が限られているので、座談会を公募で行うことは出来ていませんが
回数を重ね・・・
たくさんの方と先生の座談会を行いたいと思っています。


「「こども」「発達障がい」きになることを考える」にコメントをどうぞ

メールアドレスは公開されません。