ホーム > お知らせ > 【6月1日のおしゃべりん場】に看護大学の実習生が来ました

【6月1日のおしゃべりん場】に看護大学の実習生が来ました


1日のおしゃべりん場は26組と多い中
県立看護大学の学生5人が 実習に来ました。
(以前の話ですと・・・子どもの肥満についてと聞いていたのですが
当日、聞いたら「大人の歯の健康」の話でした。連絡不足ですみません・・・)

学生さんは、予想より多い親子の前で緊張していた様子。
しかし、しっかり前準備してきた歯の健康の話をしてくれました。

資料も凝っていて
【おしゃべりん健口第一】とユーモラスでした。

はじめに 妙高市の成人歯科保険の現状と課題を話してくれました。
そして、歯周病の方が多い話から
歯周病は細菌の感染による慢性の炎症で
歯周病の原因であるい歯周病菌のつくる毒素が炎症を引き起こす物質が幹部から
血液中に入り全身を巡ることで全身に様々な影響があると話してくれました。
肺炎・動脈硬化や心疾患・早期低体重出産・糖尿病などにも関係してくるようです。

その後、何回噛みますか?という話になり
きゅうりとかぶの漬物をだしてくれて 実際に噛んでみました。
目標は1回30回!!
食べすぎ防止・食欲を抑えるホルモン分泌・代謝アップでカロリー消費・薄味でも充分な満足感など
効果抜群!とのお話がありました。

実習の学生さん、お疲れ様でした!!


「【6月1日のおしゃべりん場】に看護大学の実習生が来ました」にコメントをどうぞ

メールアドレスは公開されません。